Home > Blog > ナポレオンの部屋 旅その3

Blog ブログ

こんにちは!今回は、ルーブル美術館の中にあるナポレオンの住居について感じたことを書きますね!何故かルーブルの中で、一番迷って着いたのが、ナポレオンの住んでいた部屋でした。色々美術品を堪能した後の体力的かつ能力的な疲れのせいか?ようやくたどり着いたのが、下の画像の部屋です。

paris-9936

超豪華絢爛な家具と金持ちや権力者の大好きそうなゴージャスなシャンデリアがあり、又各部屋にもございました。ここでパーティーやコンサートを開いたそうです。シャンデリアのクリスタルの部品一つでも頂戴いたしまして、ペンダントやブローチ、はたまた我が家の家宝にしたいものです。次は、晩餐会の行われた部屋でしょう。

 

paris-9939

調度品がすごいですね!さすがフランスの皇帝だった方でございます。できましたら、一度はこんな所で食事会でもしてみたいものです。一主婦の感想としては、この一部屋だけでも今の日本では何軒の家が出来るかしら?…..このような考えの持ち主は、せいぜい一家庭の権力者ぐらいにしかなれないのでしょうね。この時代の職人さんの細かな装飾技術には本当に圧倒させられます。巨大な富と技術力が合体して生まれた芸術なのでしょう。最後にこの方々の画像をどうぞ!

paris-9868

ナポレオンとジョセフィーヌ様でございます。彼と彼女の人生で一番輝かしい時だったのでしょう。以上、私的で簡単な感想でございました。

Page up