Home > Blog > 布花 パープルフラワー チョーカー

Blog ブログ

今回は、久々にチョーカーを製作致しましたので紹介致します。

IMG_0156

パープルの濃淡で染めて作った花々にビジューを組み合わせてみました。

IMG_0152

大小のビジューが布花を邪魔することのないようにデザインしてみました。

IMG_0150

あくまでも主役は、布花ですよ!

IMG_0149

パールのぐるぐる巻きに重ねてみました。ゴージャスすぎるかしらねぇ?私は、現代のセンスの価値観は、それぞれのセンスを認め合うことが出来ると言うことだと思います。正になんでもありでその中でも大勢の人々が認めたセンスがその時の時間では、最高のセンスになるのでしょう。昨今、布花のブーケやコサージュは、結婚式、入学式、卒業式ぐらいにしか使用されなくなってきました。造花も海外から安く手に入るようになってきました。プラスチックの茎、型押しの花びら、と大量に作られる時代です。それはそれで良いのでしょうが、私は、暖かなぬくもりがあるコサージュやブーケが大好きです。パリのクリニャンクールの蚤の市に行った時は、すかさずビンテージのペップやリボンなどを探して手に入れたくなります。現代では、手に入らないハンドメイドの暖かさを感じるものがあるからです。長〜い時間のもたらした自然の変化と手作りが相まって何とも言えない雰囲気を醸し出しています。…….ここまで思うのは、ビンテージが大好きだかしらねぇ?  身に付けなくてもふと見るだけで心が温かくなるそんな作品が作れたら最高です。型紙を作り、布を切って染色をしてコテをかけて組み立てる。そうして製作した布花に綺麗に光るビジューをコラボしてみたくなりました。現代のセンスに会っているかどうか分かりませんが、このパープルフラワーチョーカーが皆様のお気に入りになって下されば嬉しいです。この作品は、こちらからご覧頂けます。

 

Page up