Home > Blog > アンティークふうローズピンクイアリング

Blog ブログ

色々な花が咲き乱れる春真っ只中の季節になりました。私は、この季節が一番好きです。春と言えば、生命の旺盛さを感じる季節、柔らかな光が心地よい季節、眠くなる季節、等々、色々感じ方はあると思いますが、何と言っても私は、寒い冬からの開放感と明るい光の中のワクワク感でしょうか。柔らかな光の中に生き生きと咲いている花々は何と言っても一番美しいですが、残念なことに私には生の花は作れません。布に思いを込めて花を作ることで精一杯です。でも空想の花や生花では出来ないデザインを作りだすことが出来ますので、ちょっといい加減さが混ざっている私にはその自由がとっても魅力なのです。キリッとした新鮮な花、古いけれど年の積み重ねの美しさを表現するアンティークふうの花、どちらも大好きですが、難しいと思うのは、時間の表現です。いつも色で悩ませられます。今回ご紹介する作品は、悩んで作ったアンティークふうローズピンクイアリングです。

アンティークふうローズピンクのイアリング

少し暗めのローズピンクに古い年代の花芯(ペップ)を使って作りました。シックですがさりげなく耳に添えることができますよ!私はまだアンティークふうにはなりたくないと思っておりますが、努力せねば!と思うこの頃です。

Page up