気がつけばもう4月。世の中は、嬉しいこと、嫌なこと、悲しいこと、恐ろしいこと等々色々なことで、常に動いていますが桜の花の美しい季節、春になったことは、誰にとっても同じことですね!今回の作品の紹介は、春の色のフレンチヴィンテージのコサージュです。

IMG_3474

この作品たちは、パリで見つけてきたヴィンテージのフラワーたちを束ねて製作致しました。今は、コロナで大変な状況になってるパリですが、早く元の素敵なパリにもどって欲しいと願っています。

IMG_3461

この作品の中でも私のお気に入りは、上の写真の作品Corsage préféréです。色が何とも素敵なので、作品名をフランス語で(お気に入りのコサージュ)と名付けました。

IMG_3451

上の写真の作品名は、 Corsage de fleurs mignon (可愛い花のコサージュ)です。ホワイトの丸ーいフラワーが何とも可愛いので付けた名前です。

IMG_3468

上のコサージュの名前は、 Corsage fleur rose(ピンクフラワーのコサージュ)です。ピンクと言ってもちょっと大人的ピンクのコサージュです。おばあちゃま達にもセンスよくお付けになって頂きたいお勧めのコサージュです。

IMG_3450

上のコサージュの名前は、 Corsage fleur rouge(赤い花のコサージュ)です。気がめげっている時や、元気になりたい時このコサージュを付けて明るくなれましたら、本当に嬉しいです。来年こそは、世界中の皆んなを元気付けるいつものようなあたたかな春になりますように!






まだまだ寒さは、続きそうですが今回は、桜のコサージュのご案内です今年は、暖冬とのことで桜もきっと早めに咲くのでは?と思って早めに製作した訳ではありません。唯、単に桜のコサージュを製作したくなっただけなのです。この時期になりますとまだ早いのですが青空の下で咲く桜の花をいつも思い出します。きっと暖かい春への思いなのでしょう。

IMG_3346

桜って決して派手ではありませんが何とも言えない春のわくわく感を連れて来てくれ又、雪のようにに散りゆく花びらは、何時になっても私にとって心に残る情景です。…この頃は、歳のせいか等に思いが強くなって来たようです。….根がロマンティックな性もあるかも….?

IMG_3345

そんな桜の花をブーケ風のコサージュにしてみました。[本物の桜の花は、いずれ散ってしまうでしょうに、短い時間にしっかりと花の形を保って華麗に皆んなを喜ばせてくれ、切なさと可愛さと頑張りやさんの本当に愛しい花ですね。]と一枚一枚花びらを付けながら思いました。

IMG_3380

私のコサージュは、残念ながら?散りません。切なさは、本物の桜の花達にお任せしてこのコサージュと共にお客様方の素敵な思い出を時間の流れと共に沢山残して頂きたいのです。そんな私なりの思いを込めて製作致しました。お気に召して頂けたら嬉しいです。今年の春には、孫二人が入園、入学式ですが、はてさて娘は、桜のコサージュを付けてくれるでしょうか?疑問!

IMG_3396

卒業式や入学式 デート パーティ等々春の素敵な思い出作りにお付けになって下されば、スゴーク嬉しいです。この作品は、こちらからご覧になれます。

今回は、久々にチョーカーを製作致しましたので紹介致します。

IMG_0156

パープルの濃淡で染めて作った花々にビジューを組み合わせてみました。

IMG_0152

大小のビジューが布花を邪魔することのないようにデザインしてみました。

IMG_0150

あくまでも主役は、布花ですよ!

IMG_0149

パールのぐるぐる巻きに重ねてみました。ゴージャスすぎるかしらねぇ?私は、現代のセンスの価値観は、それぞれのセンスを認め合うことが出来ると言うことだと思います。正になんでもありでその中でも大勢の人々が認めたセンスがその時の時間では、最高のセンスになるのでしょう。昨今、布花のブーケやコサージュは、結婚式、入学式、卒業式ぐらいにしか使用されなくなってきました。造花も海外から安く手に入るようになってきました。プラスチックの茎、型押しの花びら、と大量に作られる時代です。それはそれで良いのでしょうが、私は、暖かなぬくもりがあるコサージュやブーケが大好きです。パリのクリニャンクールの蚤の市に行った時は、すかさずビンテージのペップやリボンなどを探して手に入れたくなります。現代では、手に入らないハンドメイドの暖かさを感じるものがあるからです。長〜い時間のもたらした自然の変化と手作りが相まって何とも言えない雰囲気を醸し出しています。…….ここまで思うのは、ビンテージが大好きだかしらねぇ?  身に付けなくてもふと見るだけで心が温かくなるそんな作品が作れたら最高です。型紙を作り、布を切って染色をしてコテをかけて組み立てる。そうして製作した布花に綺麗に光るビジューをコラボしてみたくなりました。現代のセンスに会っているかどうか分かりませんが、このパープルフラワーチョーカーが皆様のお気に入りになって下されば嬉しいです。この作品は、こちらからご覧頂けます。

 

こんにちは!新しい年になりました。今年も宜しくお願い申し上げます。今回は、オーダーされましたウエディングブーケを紹介致します。イエローのオールドローズを中心にしたラウンド型がご希望でしたのでクリスマスローズ、紫陽花,ブバリア,フランネルフラワーを添えて製作致しました。

IMG_0368

大輪のオールドローズを中心に7本のローズを入れてあります。

IMG_E0373

ブートニアは、お揃いの花を小ぶりにまとめてみました。

IMG_E0381

下方の花は、フランネルフラワーです。青い花勿論!サムシングブルーもお入れ致しました。

IMG_E0380

ちょっと小ぶりなクリスマスローズを添えて可愛らしさを出してみました。

IMG_E0382

ブバリアと白と緑の紫陽花も添えてういういしさのイメージをお出し致しました。

 

IMG_E0383

少し角度を変えて撮ってみました。

IMG_E0379

私は、ウエディングブーケを製作するのが大好きです。ご結婚されるお二人へ祝福を込めてあれやこれやイメージを膨らませながら楽しんで製作することが出来るからです。

IMG_E0376

ラウンド型のボックスにブートニアと一緒に詰めてお届け致しました。

IMG_E0377

花びら一枚一枚に心を込めてお作り致しました。布花は、お二人の過ごす時間と共に色が変わって行きます。長い時間枯れることなくお側に置いておけます。ブーケと共にお二人で幸せな時間をお過ごし下さいますように!

こんにちは!今日は、秋晴の清々しい1日になりそうです。こんなにすがすがしい日は、今まで積もった鬱憤も解除できそうです。今回は、スイートコサージュの案内です綺麗な色を集めて製作したコサージュです。派手でもなく地味でもないどなたでもお付け頂きたい可愛い小花を束ねたスイートなコサージュたちです。秋のお出かけのワンポイントに!クリスマスのプレゼントに如何でしょうか?茎は、お好みに合わせて切って下さいませ。

IMG_3299

ピンク イエロー パープル MIXカラーの4種類です。何のフラワーかは、関係なく気分に合わせて製作してみました。

IMG_3301

いつも思うことは、製作していると色にしろ、形にしろ、どうしても自分の好みに収まってしまうことです。(イコールそれが個性とも言えるのでしょうが、)仕方がないことですが,自分をもっと向上させる為には、自分の殻を破って違った角度からも思考しなければ自分の納得したことが出来ないのかも知れませんね。製作中は、いつもその思いとの格闘です。生まれた時代の環境や思考によってデザインや物の価値感が違うのは仕方がないことですが、、、ただ1つ思いやりの心だけは持ち続けたいものです。……..私の思いやりの1つは、お客様が私の作品をご覧になって1つでもホッと出来るような作品を製作することです。未熟な点もまだまだありますが、皆様にとってお気に入りがありますようにと願いつつ製作しています。スイートコサージュの作品は、こちらからご覧頂けます。

IMG_0048

布花 スイート ブーケ コサージュA

IMG_0045

布花 スイート ブーケ コサージュ B

IMG_0056

布花 スイート ブーケ コサージュC

IMG_0050

布花 スイートブーケ コサージュD

 

 

 

今回は、大好きな可愛いパンジーのフラワーボックスの紹介です。

IMG_3264 (1)

もう今年もパンジーが出回る時期となりました。このフラワーを何度作ったことか!数え切れません。でも懲りずに作りたくなる魅力があるフラワーなのです。

IMG_3263 (1)

小さなフラワーと一緒に詰め込んでみました。

IMG_3265 (1)

お分かりになりますか?上の段左から2つ目にパンジーのリングを添えてあります。中央にライトストーンが付いている濃いパープルのリングです。お出かけにちょっとボックスから摘んでワンポイントに如何でしょうか!心のこもったプレゼントにもお勧めです。

IMG_3267 (1)

我が家もつい最近玄関先にパンジーを植えました。今は、苗と言う感じですが、もう少ししたら、色とりどりに大きく咲き乱れてくれることでしょう。肥料と水やりを忘れなければね!……….其のためにも私自身にも色々な肥料が大切と言うことです。この作品はこちらからご覧になれます。

 

 

 

布花のFlower box たんぽぽ ミックスの紹介です。

IMG_3178

春になるとあちらこちらに黄色い顔を覗かせる可愛い花たんぽぽをパンジーや小花たちと一緒に小さなボックスに詰め込みました。

IMG_3163

たんぽぽの英語の花言葉は、「love’s oracle(愛の神託)」「oracle(神託)」「faithfulness(誠実)」「happiness(幸福)」だそうです。,,,,,,,,,愛の神託を飾って見ました。

IMG_3260IMG_3261

何気なく雑草扱いをされているたんぽぽの花ですが、よーく見ると本当に可愛い花だと思います。結構製作に手間がかかりました。かかった分とっても可愛いたんぽぽになったと自負しております。…….皆様の評価は、如何なものか心配ですが。いつもたんぽぽの花のように明るく逞ましく元気に過ごしたいものですね。お気に入りのコーナーに可愛い明るさは、如何でしょうか!この作品はこちらからご覧いただけます。

気が早いようですが、今年もあとわずかになって参りました。今回は、クリスマスローズのフラワーボックスの紹介です。

IMG_2431

クリスマスローズには沢山の種類がありどの花を製作しようか迷ってしまう程ですが、今回は、一番質素なクリスマスローズを選んで製作致しました。

IMG_2437

グリーンがかったホワイト 薄いピンク ブラウンがかったエンジのクリスマスローズを詰め込みました。

IMG_2445

クリスマスシーズンの為にグリーンのラメのリボンを添えてみました。質素なフラワーにちょっと派手なリボンのプレゼントです。寂しくないようにリーフも沢山添えて置きました。クリスマスローズの花言葉は、(私を忘れないで)この他にも色々な花言葉がありますが 昔、戦争に行く兵隊達が恋人にクリスマスローズを送った由来からこの花言葉が生まれたのだそうです。確かにうつ向いて寂しげに咲いていますよね。ロマンを秘めた可憐なフラワー私の大好きなフラワーの1つです。このフラワーボックスのクリスマスローズは、はつらつと上を向いて咲いています。何故なら….皆様のお側にいつも笑顔でいたいから。この作品はこちらからご覧になれます。

 

 

布花のフラワーボックスパンジーミックスの紹介です。パープルのパンジーと可愛い小花を詰め込んだ小さめのフラワーボックスです。勿論!全てて染めです。

IMG_2454

ビオレ マーガレット スズランも詰め込みました。

IMG_2455

パンジーの花言葉は、(物思い)(私を思って)紫のパンジーの花言葉は、(思慮深い)だそうです。思慮深さと可愛らしい花々を詰め込んだフラワーボックスは、如何でしょうか?

IMG_2453

ちょっとした棚の隙間に置いてみました。可愛いでしょ!

IMG_2450

パンジーのブーケは、取り出してコサージュピンやブローチピンを付けてコサージュにもなりますよ!全部選んで豪華に,3.4本まとめてさりげなく、ご自分でデザインなさって見て下さいね。

IMG_3137

ボックスは、この様な感じです。ご自分のご褒美に、大事な方々のプレゼントに如何でしょうか?この作品は、こちらからご覧頂けます。…………私は、気がめいった時や天気が悪くて何となく憂鬱な時、野原やガーデンに生き生きと咲いている花々を見て元気になれた時が多々あります。私が製作したFlower boxをご覧になって少しでもロマンとバイタリティーの素になって頂けたら幸いです。

ブルーディジーのフラワーボックスの紹介です。

IMG_2433

ディジーの花言葉は、無意識だそうです。白い花のデイジーの花言葉は「無邪気」赤い花のデイジーの花言葉は「無意識」黄色い花のデイジーの花言葉は「ありのまま」。ブルーディジーの花言葉は、さて?分かりませんので、皆様がお作り下さいませ。私が勝手に付けた花言葉は、気品と優しさです。……いつも心のお奥に秘めて置きたいパワーですね。どの様な性格でも上辺でもこれぞ!と言う時にキラッ!と発揮できたら素敵ですね!……..わたくし、そう出来る様に今後の努力が課題です。

IMG_2440

小花やローズ ディジーのお仲間たちと一緒に詰め込みました。

IMG_2442

このディジーのフラワーボックスも小さめですので、お気に入りのコーナーやリングを添えてリングピローに、アクセサリーや小物を添えて大切な方へのプレゼントに如何でしょうか?


IMG_3164

布花とは、製作する花に合ったイメージの布を切って染色しコテをかけて製作致します。非常に手間がかかりますが、一つ一つの花びらが微妙に色が異なり、中央の花芯ペップも花に合う様に染色して使います。特徴は、枯れない 劣化しない 時間と共にヴィンテージになってもそれなりの柔らかな味わいのある色に変わって行きます。お気に召しましたらどうぞ時間を超えて可愛がって下さいませ。この作品は、こちらからご覧頂けます。

Page up