今日は!月日の経つものは、速いもので、ブログには、すっかりご無沙汰しておりました。何故私がこんなにも布花が好きになったのかとある日突然振り返ってみました。庭に花々を植えるのは、好きですけれどガーデニング大好き!とまではとても言えません。鑑賞は好きですが、わざわざ花の名所へとせっせと足を運ぶ訳でもありません。幼少の頃幼稚園から中々帰ってこないので母が迎えにいったら(その頃は、今みたいに物騒な世の中ではなく、当時幼稚園には一人でバスと徒歩での通園でした。)道端の植物をのろのろと物色しながら歩いていたそうです。その記憶は、今でも鮮明に覚えています。春には、道端に可憐に咲いているスミレの花や目立たないけれど小さな小さな花をぎっしり付けて咲いている麒麟草、黄色い花や綺麗な青紫の花々を見ているだけでも飽きませんでした。今思うと、現代みたいにゲームや様々な玩具がなかったのも自然の色や形に惹かれた原因かもしれません。大好きなパンジーもお花屋さんで見かけた時に色の美しさに感動したものです。生のパンジーの美しさには、とっても勝てませんが、今でもせっせと布花でパンジーを製作続けています。売れても売れなくてもせっせ、せっせとです。気に入った色が出ると、とっても嬉しいのです。単純の固まりでございます。

IMG_7972 (1)

使用する布によっても染色した色が違ってくるので、それも楽しみの一つです。せめて生のパンジーでは味わえない雰囲気と色合い、そして長く愛用して頂きたいと思いヘアゴムやコサージュ、ヘアクリップ、ネックレス等を製作しております。

IMGP3020

上の写真は、ヘアクリップです。いろんな思い出のお役にたてればと思いながら製作致しました。製作していると色々な思い出が浮かんでくることがあります。道端に咲いている花を摘んでコップに差して綺麗さを自慢したことや、次の日に花々がしおれていてガッカリしたこと、かわいそう!と思いそれからは、摘まないで見ることだけにしようと決意したものでした。でも今製作している花々は、決してしおれることがないので存分に色や形のコーディネイトを楽しみながら製作できます。むしろ私の方が先にしおれかかっている状態でございます。

IMGP2883

上の写真は、今年パリの蚤の市で出会ったペップ(花芯)や素材を使用して製作致しましたコサージュです。ヴィンテージの素材を生かして私なりの組み合わせで製作すること、、、、贅沢ですね!でも困ったこともあります。ヴィンテージの素材そのものの値段が高いので、どうしても材料費がかかってしまいます。皆様への提供する値段がどうしても高めになってしまいます。古いものには、それなりの時間の流れでしか作れない色や風合いがあります。ちょっと高めの値段は、その代償と考えて下されば嬉しいです。大事に長〜くご愛用していただけるものを製作することが私の物作りの理念です。製作した物は残っても私の物作りに掛けた時間は残りません。、、、、いや物作りに掛けた時間は、物として残るかしら?残されても不要な物は、迷惑?、、、、、と思いが色々に展開してしまいましたが、、結論!! 1楽しんでいる時間は、物に変えがたい大事なもの。2迷惑にならないような物を製作するように努力致します。ブログをご覧頂いた皆様に感謝です。私の作品は、皆様方に沢山ご覧頂きたく思いCreemaiichiへも出展しています。是非 覗いて見て下さいませ!

 

こんにちは!今回は、アルザスの小さな街コルマールの紹介です。コルマールは、パステルカラーのコロンバージュの家並みが可愛いアルザスで最も有名な街です。スイスのバーゼルとも近くアルザスワイン街道の中間に位置し、街中を流れてる小さな運河の両岸は、イタリアのヴェニスに似ていることからプティ ヴェニスと呼ばれています。ほとんどの旅行会社のツアーなら2,3時間の観光で終わりでしょうが、コルマールを拠点にのんびりと周りの村々を廻ることにして、4日間の滞在でした。下の写真は、コルマールの駅です。

IMG_7587 (1)

とっても可愛い建物の駅でしたよ!暑い日だったので、タクシーでホテルに行こうとタクシー乗り場に行ったのですが、全然来る様子はなく、荷物をガラガラ引いて徒歩でホテルに向かいました。,,,,,暑かったぁ!後でタクシーの運転手に聞いたら、小さな街なので、タクシーの数が少ないそうです。今度来た時にと電話番号を書いた名刺を渡されました。又行く機会があるかしらねぇー!行けたらいいなー!

 

IMG_7589

上の写真は、駅のトイレです。街のPRを兼ねたおしゃれなトイレでした。

IMG_7340

ちなみに上の写真は、コルマールへの出発駅ストラスブール駅の構内です。これまたステンドグラスのお洒落な雰囲気の駅でした。

IMGP2919

上の写真は、宿泊したホテル La Maison des Tetesです。頭の家として知られている建物です。街のほぼ中心に在り1609年建造のルネサンス後期の建物で建物内外に施された女性やしかめ面をした色々な顔の彫刻が有名です。中は、綺麗にリメイクしてあります。泊まった部屋は、上から2番目と3番目の向かって左側の窓の所です。部屋の中に階段があり上の部屋は、ベッドルームでメゾネットの部屋になっていました。窓から外を覗くと、観光客がよく見上げて写真を撮ってました。下手に外を覗くと叔母さんの顔が皆様の大事な思い出の写真に写ると申し訳ないので、極力窓からの外見は控えることに致しました。若くて美しかったら思い出に貢献できるのにねー。

IMGP2923

ドミニカン教会前の広場です。ここで、いろいろな市が開かれています。ちなみに蚤の市は金曜日でした。蚤の市でお宝をゲットしましたよ!機会があったら紹介致しますね。

IMGP2927

沢山のお店があり一軒ずつ見て廻ってもあきません。土産屋さんの多い事!

IMGP2955

おっ!コウノトリ発見!

IMGP2948

ここからは、ザーと街の風景の紹介です。街の中はどこに行っても綺麗!可愛い!素敵な場所が沢山あり、ぶらぶら散策とカメラワークには事欠きません。上の写真は、運河の辺りです。周りには、スーパーや雑貨屋 レストラン 中華料理のレストランもありました。西洋料理に飽きた時は、どこの国にでもある中華料理を食べることにしています。日本料理はまがいものが多くお値段も高めですので、安心して食べられません。

IMGP2950

綺麗な町並みですねー。どこも綺麗に花が飾ってあります。

IMGP2960

お花やさんかしら?素敵な雰囲気!

IMG_7387

コロンバージュが素晴らしい!

IMG_7352

映画ハウルの動く城の冒頭のシーンに出てくるプフィスタの家です。


IMG_7371

さあ!ここからはプティヴェニスのボートツアーの写真です。川岸には、レストランが沢山あります。

IMG_7467

ボートツアーは、小舟での約30分程運河をめぐります。

IMG_7471

川辺には、このような風景が続きます。

IMG_7488

白い花々が素敵に似合ってました。

IMG_7491

プティヴェニスには、このように低い橋が何本かあり、橋の下をくぐる度に前かがみにならなければいけません。それが又楽しのでクルーズのイベントの一つにもなっています。

IMG_7490

折り返しの場所です。なんか深い森の中に来たみたいな感覚でした。短い時間でしたが、運河の川岸の美しい風景をたっぷり堪能致しました。

IMG_7461

本当に可愛い綺麗な街!

 

IMG_7385

こんな古い家がありました。今は花が飾られていますが、鳩をかっていたのでしょうね

 

IMG_7367

上の写真赤い扉の建物は、屋内市場です。

IMG_7363

屋内は、食料品店を主に雑貨店やレストランが入っています。何故かベトナムのレストランが入ってました。

IMG_7362

果物屋さんです。

IMG_7422 (1)

上の写真は、コルマールでの最初のディナーをしたレストランです。

IMG_7388

レストランの中です。赤いチェックは、アルザス目印にもなっているそうです。

IMG_7390

メニューは、フランスに来たら絶対のエスカルゴとアルザスふうサラダと下の写真の野菜やソーセージ等を赤ワインで煮込んだシュークルートです。

IMG_7392

シュークルートはアルザスの名物料理ですが、意外とあっさりした味でした。ワインとぴったりの料理でした。

IMG_7497

私のお気に入りの場所ウンター リンデン美術館の中庭です。中世そのものの面影を残しています。

IMG_7417

ブルーの色がいい感じで収まってる町並み。

IMG_7400

コルマール最後のディナーで行ったレストラン。ミシュランの一つ星レストランL’atelier du pe’ntreです。コルマールには、ミシュランの星付きレストランが結構あります。今回は、コルマールで本格的なフランス料理を味わう事に致しました。理由の一つには、小さい街なので、どのレストランでも少々酔っても徒歩で帰って来られる便利さが入っています。勿論!一番の理由は、このレストランは美味しい評判があったから選びました。

IMG_7503

前菜

IMG_7504

これも前菜

IMG_7506

[たたき]と言うまぐろの料理。何故[たたき]疑問?

IMG_7507

お魚のステーキふうこれも絶品の美味しさでした。

IMG_7508

牛ヒレのステーキです。

IMG_7509

デザートです。

 

IMG_7511

コーヒーを頼んだらお菓子がサービスで付いてきました。最高のディナーでしたよ!まあこんなふうにコルマール滞在を心からのんびり楽しみました。アルザスはドイツに近いのでドイツの文化も沢山入ってましたが、流石フランス!料理には、繊細で、綺麗、美味しいがしっかり根付いておりました。

今日は!今回は、パリに行く機会がありましたので、クリニャンクールの蚤の市で見つけたペップや布を使ってパリ色のコサージュを作ってみました。

IMGP2901 (1)

時を超えたヴィンテージならではの価値のある素材を生かしてパリらしく粋で可愛らしさを取り入れて表現してみました。如何でしょうか?Favorite Gardendenで販売しているのは、右上2種類ですが、お気に入りがございましたらお問い合わせフォームへご連絡下さいませ。

今日は!長らくご無沙汰しておりました。機会がありフランスのアルザス地方に旅してきましたので今回は、アルザスの玄関口 ストラスブールの紹介を致しますね。エアーフランスで行ったのですが、荷物の受け取り時間やTGVの乗り継ぎのことを考えてパリに一泊することにしました。シェラトンホテルに泊まりましたが、TGVの出発するパリの東L’EST駅のすぐ側でとっても便利でした。TGVに乗り継ぎなさるならお勧めのホテルです。6月初旬に行ったストラスブールは雨天でとっても寒くダウンコートが欲しいくらいでした。

IMGP2889

上の写真は、ストラスブールの駅です。ホテルに荷物を置き早速ラ.プティット.フランスに向かいました。

IMGP2862

イル川の中洲にある地区で、まるで中世のおとぎの国のようです。晴れてたらもっと綺麗でしたでしょうね!

IMGP2859

川に面したレストランです。ゼラニュウムの花が可愛らしかったです。入って見たかったのですがまだ開いていませんでした。日本と違ってのんびりムードですね!

IMG_7311

ラ.プティット.フランスの中心ノートルダム大聖堂です。装飾が素晴らしかったです。威厳と時間の流れを赤褐色が堂々と表していました。ちなみにノートルダムとは、フランス語で[我らが貴婦人]という意味で聖母マリアを表しているそうです。又この教会は、赤褐色がバラ色に見えて[バラ色の天使]とも呼ばれているそうです。

IMG_7321

旅行ガイドの本によく紹介されている場所です。この日は、雨天ぎみだったのでちょっと暗い感じに見えましたが、それは、それでとっても素敵でした。

IMGP2860

みごとなコロンバージュ(木骨造) の家ですね!Eが傾いているのは、怠慢かデザインか?

IMGP2864

余りの寒さに早めのランチをしたレストランです。天気が良かったらさぞかし、外のテーブルが賑わうことでしょうね。

 

IMGP2918

これぞラ.プティット.フランスの美しさ。雨の日でも素敵な景観でした。

IMG_7309

橋の欄干には、ほとんど綺麗な花々が飾られて街の美しさを引きただせています。我が家の玄関先には、時々花が植えられます。旅に出る時は、水やりの事を考えて、新しくは植えないことにしています。…….家族を非難している訳では、ありません。家族の負担を思いやる主婦心です。

IMGP2910

街を守る要塞として造られた3つの塔を持つクヴール橋の前で撮った写真です。l

IMGP2882

道路に貼られているタイルがフランス風の色合いらしいと感じました。古い街並みに色が溶け込んで綺麗でした。おっしゃれー!

IMGP2880

この街並みの色合いが私は、大好きです。派手ではなく、甘すぎず、暗すぎないでも普通ではない……分かる方は、分かって下さいね。

IMGP2901

ディナーのサラダです。ドイツの近くなので酢キャベツが添えられています。ワインのつまみにもぴったりですよ!

IMGP2902

アルザスの名物料理の一つタルトフランベで薄いピザ生地にマンステールチーズ 玉ねぎ ベーコンがトッピングしてあります。軽くてとっても食べやすいです。大きいので、二人分ぐらいあります。

IMGP2895

イル川のほとりには、鴨も住んでいます。

IMGP2904

これ又コロンバージュが見事な家でした。

IMGP2898

最後の写真は、緑が綺麗で私のFavorite timeを過ごせそうな場所。暗いかしら?勿論!明るい素敵な日差しの中での条件付きです。ストラスブールは、1日だけの滞在でしたので、ザーと回る程度でしたが、落ち着いた中世の面影を持つ気品のある素晴らしい街でしたよ!!!!!

こんにちわ!今回は、出展したフラワードリームのご紹介です。私のサイトを見て下さってお声をかけていただいたので、作品の実物をご覧になっていただければと思い2017 4/22 23のフラワードリームに初めて出展致しました。このイベントは、今年10年目で毎年行われ生花の展示販売、ワークショップ、生花のコンテスト等々花に関する全国的なビッグイベントです。私は、ハンドメイドのブースでした。いらして下さった方々、本当に有り難うございました。

IMG_7056

これまでに製作しました作品をたくさん展示致しました。

IMG_7044

布花を初めてご覧になる方もいらして説明することができて嬉しかったです。

IMG_7046

コサージュ、ネックレス、ブローチ、ウエディンググッズを展示致しました。

IMG_7059

下の写真は、私の店のすぐ前に展示してあった生花のコンテストのコーナーです。

IMG_7061

参加された皆様の感覚は、様々でそれぞれの価値観の多さに圧倒されました。

IMG_7062

下の写真は、ローズを主体とした私の好きな作品です。創作的な作品も素晴らしいと思いますが、私は、人間の意図を感じさせる生け方より、自然な盛花的なもの、花そのものの美しさを表現する作品が大好きです。

IMG_7063

お店に居なければいけないので、広いビックサイトを回れませんでしたけれど沢山の珍しい花々や、色々のお店があって楽しかったですよ!もし来年も出して頂けたら、皆様に楽しめていただけるようにワークショップと展示が出来たら?と思いました。…….条件が合えばの話ですが!歳+環境+体力+日本の情勢の成り行き次第ですね。でも歳と体力は頑張るつもりです。

IMG_7040

上の写真は、我が家の小さな庭に訪れた春の様子です。今年は、雑用で忙しく庭の手入れは、中々出来ませんでしたが、ちゃんと花々は咲いてくれました。家事や仕事の合間に庭を眺めるだけでホッとします。自然は有難いですね!

IMG_6956

フラワードリーム 2017inビッグサイトに出店致します。これまでに製作致しました作品を数多く出展いたしますので、この機会にウェブでは、味わえないカラーや布花のぬくもりをぜひご覧になって下さい。4/22(土)13:00~10:00  4/23(日)10:00~18:00 ハンドメイド作家出展コーナー(飲食 レストスペースの側です。)

こんにちわ!暖かかったり寒かったり一歩一歩春に近づいていると思われる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?私は、久しぶりにウエディンググッズを製作していました。何故か?突然製作したくなったのがこれです。

IMGP2693

ボンネとヘアリースです。ボンネとは、ボンネットの略でカチューシャより幅が広く、厚みがあるつばのない帽子のことです。結いあげた髪の後ろや斜めなどに付けることができます。今回製作いたしましたヘアリースは、シンプルで可愛いをテーマにヘアーに巻きつけたりカチューシャふうにしてみたり、ベールに添えたり色々出来るようになっています。素敵なウエディングのお役に立てれば!と思い製作致しました。何故?突然製作したくなったのでしょう?….ハーン!きっと一瞬だけ若き日の夢みる頃にお脳が入れ替わったのでしょう!この作品は、こちらからご覧いただけます。   フラワードリームin東京ビッグサイト2017 [ 4/22(土)13:00~19:00 4/23(日)10:00~18:00 第2.3ホール]に出店いたします。ウエディンググッズも出展いたしますので是非ご覧下さいませ。

こんにちわ!今回は、リングの紹介です。指元にもちょっと早い春の息吹を感じて見ませんか?可愛いフラワーをアレンジして制作したリングたちです。

IMGP2680

ブルー仲間でデュエットしたリング 一つだけでも女王様のリング ビジューとドッキングのゴージャス可愛いリング 沢山の仲良しをぎゅーと集めたブーケのリングそれぞれの中で皆様のお気に入りが見つかったら、私の嬉しさ満開です。このリングたちはこちらでご覧になれます。

 

IMGP2678

友達にあったり、外出の際にシンプルな洋服にちょっとアクセントをつけたい時、手早くできる変身法!を考えて制作したコサージュです。…と言うと大袈裟ですが、例えば大きく開いたセーターの襟元に沿ってお付け頂いたり、お子様の入園式 卒業式 入学式等々でのスーツ姿の襟に斜めにお付け頂いても素敵だと思います。普段使いには、ペンダントとしてもご使用いただけます。皆様にお気に召していただけますように!この作品は、こちらからご覧いただけます。

寒かったり暖ったりの日々が続いていますが、暖かい日には、何となく気分も爽快になって動きたくなるのですが、でも外出するには、やはり寒い!と思う日には、ガラス越しの陽だまりで大好きなことをするのが、私にとって一番の贅沢な時間です。……..買い物、掃除その他のしなくてはいけないことを差し置いて、まずは、したいことを優先するのです。掃除をしなくても死にません。勿論!後のつけは、?十年の主婦魂で解決いたします。でも例外は、あります。孫の預かりタイムです。これが最も優先タイムになってしまった最近の生活でございます。陽だまりを堪能しつつフリーな時間に制作いたしましたのが、紹介いたしますパンジーのコサージュです。

IMGP2676

パンジーは、大好きな花ですので。幾度制作しても飽きません。私が親指姫だったらパンジーの上に住みたいわー!ビロードみたいな花びらの感触そして王子様は、etc…….脱線はここまでにいたしまして、今回のパンジーのコサージュは、[気軽に楽しむコサージュ]をテーマに制作いたしました。結婚式のパーティー 入園式 入学式 卒業式 普段のおしゃれにと幅広くお使い頂ければ嬉しいです。又時間が経ってもヴィンテージふうにお楽しみいただけます。可愛いパンジーが出来ましたよ!!!

Page up