今回の紹介は、コサージュでもピアスでもない箱花=フラワーボックスです。

IMG_2686

生花のフラワーボックスを頂いた時に余りにも素敵なので、いつまでもそのままでとっておきたい!と思いました。でも花は、枯れるものです。枯れるから美しさの印象が増すのだと思いまが。……..(ちなみに人類も、若い時にすごーい美女でも、歳と共に老いて行きます。でも心という大切なものを持っていますので、いくらでも別の方法で美しさをカバー出来ると私は、思っています。)いつまでも取っておけたら?と言う思いから、布花でフラワーボックスを作ってみました。今回のボックスは、春に咲く私のお気に入りの花々を詰め混んでみました。

IMG_2684

パンジーやラナキュラス、たんぽぽ スミレなどです。

IMG_2661

1、2番目のボックスは、大きめのサイズです。3、4番目のボックスは、ミニサイズです。
IMG_2671

パンジーも可愛い色を集めてみました。フラワーボックスの中からお気に入りの花を選んで、花瓶にアレンジしたり、ピンを付けてコサージュにもして頂けます。枯れることもなく、持ち出し可能ですので海外へのプレゼントや御世話になった方々への長〜い感謝の意を込めてのプレゼントに如何でしょうか?一つ一つ心を込めて製作致しました。是非お手に取ってご覧いただけたら嬉しいです。追伸,,,心というものは、難しいものですがなるべくビジョビジョな醜い心にならないように私、努力の真っ只中でございます。

 

まだ4月には入っていませんが、一足早く(今月の花シリーズ)をご案内致します。4月の花はプリムラを選んでみました。プリムラは、非常に種類が多いのでどんな花を製作しようか迷いましたが、ピンクとブルーに致しました。

IMG_1767

春の花らしく可愛らしいイメージで製作致しました。

IMG_1691

明るい洋服に付けた感じです。気軽に付けて頂いたらと思います。

IMG_1677

黒いセーターにも似合うでしょ!最近思うこと…..似合う似合わないと思うことは、あくまでも個人の主観であって他の人がどうこうは言えませんね。でも多数の人々が可愛いとか、素敵とか、ちょっと、とか思えたら、それはそうなのかもしれません。私が自分の作品をどう思おうと勝手ですが、お買い上げ下さった方と共感出来ることは、本当に幸せ者です。このプリムラのコサージュは、私の主観として、絶対可愛いと思うコサージュです。

庭の花々も徐々に咲き出して春の匂いも広がってまいりました。今回の新作の紹介は、小さなすみれの花のコサージュです。道端やアスファルトの裂け目や電柱のふもとに何気なく咲いているすみれの花を見ると可愛さと愛おしさで心が一杯になります。決して派手ではない小さな花びらを精一杯開いて咲いている姿が心を和ませてくれます。そんな大好きなすみれの花をコサージュに致しました。

IMG_2595

小さな花を一つ一つ染めてお化粧して葉っぱを添えてブーケに致しました。

IMG_2602

製作するのは、細かくて大変ですけれどもイメージ通り出来上がった時は、喜びがひとしおです。……..(自分で勝手に満足して喜んでいるだけですが)ふと思いました。私は、パンジーとかすみれの花、野の花々が好きなのは、手間を掛けないで咲く花々だかしら?と自問自答致しましたが、今考えると子育ても然り家事も然り全て適当な連続だったのかも知れません。ここでまた自問自答……適当にも色々あり結果自分で納得出来る適当なら宜しいと致しましょう。

IMG_2599

でもこのSmall violet corsageは、適当ではなく心を込めて製作致しましたのでご安心下さいね!

今日は春らしいポカポカ陽気になりました。こんな日は、緑の中でこれから始まる自然の芸術を思い浮かべて大好きな空想の時間を過ごせたら大満足です。日々のゴタゴタやら忙しさから解放されて一時を過ごすのは、何よりも贅沢なことですし、そう思えることって幸せなことですね!日常色々なことがあってこそ大好きな自分の時間が大切に思われるのではないでしょうか?人間の世界も動物の世界もそれぞれの価値感によって動いていますが、我慢の時間も楽しい時間も悲しい時間もそれぞれ生きていく上に必要な時間だと思います。その時間をどう言う方向にもって行くかによって明日の時間が変わるのかなーと私は、思います。…….と偉そうなことを書いていますが、実際の生活は、反省ばっかり、生きて行くことは、大変だー!!!ただ一つ歳をとって実感することは、思いだけではだめで行動をしなければ物事は進展しないと言うことです。(当たり前のことですね!)その行動の一貫としてワイルドなイメージのたんぽぽを製作してみましょうと思いました。

IMG_2513

ホワイトのたんぽぽとイエローのたんぽぽを束ねてクローバーの葉を添えてブーケを作ってみました。たんぽぽの茎は、実際まっすぐなのですが、私の勝手なイメージで平たくし、好きなようにぐちゃぐちゃ出来る茎に致しました。お付けになる方が切ったり、曲げたり、好きなようにデザインなさって下さればと思ったからです。

IMG_2555

たまたま孫が帰省しておりましたのでモデルになってもらいました。ちょっと孫には、大きいのですが、、こんなイメージでございます。野生がかったたんぽぽですが、皆様の日々のお気持ちでワイルドにもノーマルにもデザインなさって頂ければ嬉しいです。この作品はこちらからご覧頂けます。

IMG_2504こんな小さな行動でも私にとって出来れば万々歳!今度はもっと規制概念を取り払ったわたし的な作品を製作してみましょう!………次の日は後悔の時間になるかも!

 

こんにちは!あっと言う間にもうすぐ2月が過ぎ去ろうとしております。私としては、この歳となりますとまだまだたっぷり時間が欲しいのですが、時間と言うものは、捕まえておこうとしてもスーッと過ぎさってしまいます。なんとか捕まえた時間で桜のコサージュを制作致しました。

IMG_1681

上の写真は、桜のブーケコサージュです。

IMG_1679

私が幼少の時育った家には、周りに沢山の桜の木があり春ともなりますと桜の木の下の方に咲いている花を摘んでは花束にしてお花屋さんごっこをして遊んだものでした。春の青い空と桜の薄ピンクの素晴らしさと懐かしさが今でも忘れられません。下の写真は、青を背景に撮して見ました。青空に見えますでしょうか?

IMG_0461 (1)

下の写真は、今回制作したもう一つのコサージュ桜の一房コサージュです。

IMG_1680

枝に咲いてる一房の桜をイメージして制作致しました。葉っぱを含めて大家族のコサージュですが、春から始まる皆様の新しいことを精一杯応援する気持ちで制作致しました。

IMG_1682

普段使いには、サラッとお気軽にお付け下さいね!

IMG_0466

桜の花は、本当に短い期間だけ精一杯咲き、散り際もすごく綺麗ですね。時間が足りないなどとぼやいているのではなく短い時間でも大切に精一杯過ごしたいものですね。……….ボーとしている時間も私にとって大切な時間であります。

今、振り返ってこのネックレスの作品名を読んで見ると何と長いことか!もっと短かに考えられなかったのかしら?と思ってしまいます。

IMG_0491

大きさの違うパールを三連にしたネックレスにコサージュをセットしたものです。勿論!別々にもお使い頂けます。コサージュは、レースや布リボンなどにローズピンクの小さなローズを添えたとってもスイートな色合いのものです。私の好きな素材をたっぷり使ってヴェルサイユ宮殿を訪れた時にイメージした色合を出してみました。ヴェルサイユと言えば何と言ってもマリーアントワネットを思い出します。時には、ゴージャスなマリーのようにはいきませんがプチゴージャスでスイートなネックレスと装いで、デートに、奥様方のお集まりに!パーティーに如何でしょうか?……….ご主人様とのデートにも是非どうぞ!この作品はこちらからご覧頂けます。

ラリエットとは、首または髪の毛に着けるひも状の装身具のことですが、今回紹介のラリエットは、留め金付きのネックレス型ラリエットです。どの位置にでも自由に留め金が使えますので、ご自分のお気に入りの長さでご使用下さいませ。

IMG_0488

ブルーグレイのリトルフラワーを一列に配しその周りには、同系色のB’zをランダムに配しました。留め金具は、パールを挟んで止める金具です。上品な色ですので、結婚式のパーティや、ロングにしてセーターに、二重にしてドレスのアクセントに!皆様のアイデアでラリエットを輝かせてくだされば嬉しいです。この作品は、布花やB’zやパール全体が主役を担っています。家族の一人一人と同じですね。この作品はこちらからご覧になれます、

 

 

 

今回は、ちょっと変わったペンダントを紹介いたします。Nameは、クリスタルと布花のコラボペンダントA-1と申します通りイタリアで出会ったクリスタルに布花を添えて制作致しました。

IMG_0481

(この出会ったクリスタルをどのような主役にしましょうか?)と考えた結果まわりにシックな小花を添えてクラシックふうなペンダントを制作することに致しました。クリスタルは透き通って輝きますがあえてあまり輝かないようにして布花としっくり合うように後方にヴィンテージのレースを添えてみました。ペンダントが揺れる合間にちらっ!と輝いて素敵な一面を発揮して欲しいからです。

IMG_0487

結構大きなクリスタルですので存在感が大きいです。ビジューと布花をコラボすることは、硬いものと柔らかなものを一緒にすること。輝くものと素朴なものを一緒にすることと同じことだと私は、思います。布花とビジューのお互いの魅力を発揮しながらコラボできたら……と思い制作致しました。古い観念に縛られず自由な発想で素敵なものが出来て皆様のお気に入りになれたらとっても幸せです。……..でも時には、古い経験がぎっしりの観念も必要ですがね。

ミモザのコサージュの紹介です。前回は、ミモザのリースコサージュの紹介でしたが、今回は、ミモザの花に葉っぱをお供にした枝付きコサージュを制作してみました。

IMG_0455

春に咲くイエローぎっしりのミモザをイメージしてみました。暖かな春の日差しを吸い込んだ可愛らしい粒々を一枝胸に如何でしょうか?この間、孫がミモザのコサージュを見て黄色い金平糖と行ってましたが、まさにその通りですね。歳をとると現実的に考えてしまうのでしょうか?私は、中々イメージが出てこなかったのですが、とっさのミモザのイメージは、ピラミッドブロッコリーの粒々のデコボコでした。長年の生活感が現れてしまいました。いつになっても夢見る心は大切にしたいものですね!

今回紹介致しますパリ色のイエローフラワー付きコサージュは、コサージュとしては、ちょっと変わった色合いの組み合わせかもしれません。花の中でもローズとか色の鮮やかな花々は、得てして主役になりがちですが、今回の主役は、ヴィンテージペップを携えたシャイなイエローの百合の花です。

IMG_1650 (1)

パリのクリニャンクールで出会ったイエロー、グリーン、ピンクのフラワー、ホワイトのフラワーたちをブーケにして制作致しました。シャイなイエローの百合の花は、仲間に支えられながらしかっりと咲いています。

IMG_1651

ヴィンテージ色の品があるコサージュですので、真っ黒のニットに、真っ白のブラウスに、真っ赤なコートに、絶対似合うと思いますよ!

IMG_1652淡いピンクのローズは、このコサージュ全体をまとめて見守る役目です。おおらかにどっしりとね!…….私も子育てをかえりみるとピーピーガーガー言い過ぎたかなぁ?と思うこともありました。良い意味で(おおらかにすること)は、とても難しいことですね。私の場合、ぜーんぶの時間をおおらかにすると、おおらかにしている最中に脱線したおおらかさ=ずぼらになりそうなのでせめて1日の中で数時間実行できたら花丸と致しまーす。

Page up