Home > Blog >

Blog ブログ

ドロミテ旅行4

2018.09.10

今回は、シルミオーネからの紹介です。シルミオーネは。イタリア最大の湖ガルダ湖の南岸にある街で古代ローマ時代最古の温泉保養地です。下は、スカラ家の城塞で、ここが入り口となります。

DSC00662

このような狭い入り口から入って行きます。

DSC00665

城壁は、湖の中まで達していました。

DSC00668

ガルダ湖では、ブーゲンビリアが咲く中で沢山のファミリーが水遊びをしていました。本当に楽しそうでした。

IMG_0081

シルミオーネは、又スパリゾートが沢山あることでも有名です。都会の喧騒(私の場合は、家事洗濯かな?)を忘れて、ゆっくり のんびり過ごせたらどんなに素敵でしょう!……….でもこういう所に旅行させて頂いたこと自体素敵なことですね!家族に感謝です。下の写真は、大好きな光景でした。緑の中にブルーの湖水 綺麗な花がアレンジされていて風がそよぎまるで映画のワンシーンみたいでした。門があって入れませんでしたが、ロマンチックそのものの舞台でしたよ!

IMG_0059 (1)

船着場の光景です。さすが高級リゾート地、各国の旗がゆらめいていました。写真は撮りませんでしたがこの近くには、美味しいジェラード屋さんや、レストラン、土産物屋、ブテイックなど沢山のお店があり、楽しさを満喫できる街でした。

IMG_0062

さあ!次は、コモ湖のクルージングです。コモ湖は、イタリアとスイスの国境近くに位置しアルプスの麓にある湖でヨーロッパの各王室や大富豪 有名人などの別荘が沢山あることとしても知られているセレブ御用達の湖です。

IMG_0067

下に写っている白い船でミニクルージングです。船も小さいからミニミニクルージングかしら?後方の山には、別荘がどっさりです。

IMG_0068 (1)

湖の景色を楽しむのかしら?と思っていたら最初から最後まで別荘の解説で終わってしまいました。湖の周りには、競うように豪華な別荘が建てられていました。庶民には、無縁の場所のようですね。でもこれらの別荘は、努力と行動の結果の象徴でもあります。ここコモ湖に別荘を手に入れた方々は、やはり凄い!わたくしも来世には、出遅れないでもしかしたらコモ湖デビューしているかも。

IMG_0072 (1)

余り良く撮れませんでしたが下の写真は。ベルサーチの別荘です。シンメトリーのすっきりした建築でした。

IMG_0075 (1)

下の写真は、イタリアの政治家ムッソリーニの別荘でした。さすが!立派ですね!

IMG_0074 (1)

と言う訳でコモ湖滞在の短い時間は、豪華別荘巡り遊覧となってしまいましたが私もセレブ気分で孫への土産に高級車FAITをコモ湖で購入致しました。さすが!イタリア車色がとっても綺麗です。気に入ってくれますように!…..セレブ御用達のコモ湖で手に入れたのですから!

IMG_0145

今回のドロミテ旅行は、北イタリアの自然の壮大さと湖水地方の美しさを感じさせられる貴重な旅でした。

 

ドロミテ旅行3

2018.09.04

こんにちは!今回はインスブルックに移動してからの紹介です。まずはドロミテ街道ボルドイ峠を目指しての移動からの道程です。途中に黄金の盆地と呼ばれているコルティナ ダンペッツォに途中下車しました。今回は、ザーと見晴らしの良い所から見るだけです。町は、3千メートル級の山々に囲まれていてどこを見ても眺望が素晴らしいので高級リゾート地として夏冬問わず人気がある所です。機会があれば是非滞在したいですね。

IMG_0002

緑の中にドロミテの岩山が広がり素敵なリゾート地でしたよ!可愛い街を歩いてみたかったです。

DSC00629

下の写真は、ミズリーナ湖です。ドロミテの山岳地帯カドーレ地方にある自然湖です。1956年のコルティナ ダンペッツォ オリンピックでスピードスケートの会場となり、スピードスケートが自然の氷の上で行われたのは、この時が最後だそうです。昔ミズリーナと言う少女が魔女の持っている鏡が欲しくて父ソラピスに頼みました。娘が可愛いソラピスは、命と交換に鏡を手に入れましたがソラピスは、山にされ、後悔した娘の流した涙がミズリーナ湖になったという伝説があります。

IMG_9982

ミズリーナ湖付近の景色です。

IMG_9979

グランドホテルもありましたよ。車が結構多かったです。……考えてみたら山の真っ只中なので、車でしか移動出来ませんでした。勿論!諸々の覚悟を決めて徒歩でも行けますよ!

IMG_9985

下の写真もミズリーナ湖の一部ですが、私は、こちらの雰囲気の方が好きです。何か絵になりますよね。

IMG_9992

下の写真は、車窓からのポルドイ峠を撮ったものです。このような荒々しい岩山が眼前に広がっていました。

DSC00633

本当に岩で出来た山です。樹林はありません。

DSC00635

ポルドイ峠は、ドロミテ南側の観光地の中心でセッラ山群の上がり口にある峠です。

DSC00636

山、山、山、

IMG_0011

登山のコースにもなっています。体力のある方は、どうぞ!

IMG_0016

車窓からの眺めです。

IMG_0017

麓の町は、可愛らしかったです。

DSC00640 (2)

下の写真は、オルティセイの町です。オルティセイは、ドロミテのセチューダ山の麓にある町で山岳リゾートとして知られています。花が綺麗でしたよ!

IMG_0020

とっても綺麗な可愛い町でした。

IMG_0023

子供連れが沢山いました。フェンスも可愛いですね!

IMG_0024

ケーブルカーも町にぴったり合う可愛い形でした。

IMG_0026

イタリアらしいお惣菜屋さんです。

IMG_0025

ホテルのプールです。橋の下に位置していたので、外から見晴らし良好です。….良いのか?悪いのか?でもとっても楽しそうでした。

IMG_0028

ようやくインスブルックに戻ってきました。インスブルックは、オーストリアのチロル州の州都でハプスブルグ家皇帝 マキシミリアン1世の愛した所です。街の背後にそびえるアルプスは、雄大な風景を満喫できます。下の写真は、マリアテレジア通りです。中央に建っているのは、アンナ記念柱で聖母マリアの像です。スペインでの戦争でバイエルン軍を追放した記念に建てられたそうです。

IMG_0031

同じくマリアテレジア通り。やはりイタリアとは、違った落ち着いた雰囲気ですね。

DSC00643

ここはオーストリアですと言っているようです。色々な歴史があり愛国心が強いのでしょうね。

DSC00651

インスブルックの建物の特徴はエルカーと言う出窓です。

DSC00646

 

ぶらぶら歩いていたら、こんな靴を見つけました。目玉をデザインした何と変わった靴です。オーストリアで?意外でした。芸術は、どこでも自由です!

IMG_0033

旧市街 宮廷教会の前の通りです。アルプスが押し迫り雲海が圧巻の風景です。

IMG_0030

宮廷教会の前庭です。教会は、入場料が無料ですが写真撮影には、1ユーロの撮影許可証が必要です。誰でも入れますが、観光客は大部分撮影したいですよね。でも今だからカメラやスマホがありますが、当時は、撮影のことが考えられなかったので、優しい気持ちから入場料無料になったのかも知れませんね。

IMG_0047

豪華絢爛のロココ調の祭壇です。マルチン ルターが信仰とは、どこでも出来ると唱えたので、教会では、信者に足を運ばせる為に豪華な祭壇や華やかな室内装飾(ロココ調)をするようになりました。必死だったのでしょうね!

IMG_0048

凄い豪華なパイプオルガンです。音が聴きたかったです。

IMG_0049

街を流れているイン川です。インスブルックと言う地名自体がイン川の橋と言う意味です。ここでもアルプスが押し迫って迫力がありました。

IMG_0041

ぐるりアルプスの中での日常です。周りをビルに囲まれた都会では、考えられない程自然が近くに感じられます。

IMG_0040

レストランの飾り看板です。オーストリアの飾り看板は、どれも素敵ですね!ふとザルツブルグの街を思い出しました。

IMG_0038

壁絵も雰囲気がありますねー!都会の橋やシャッターに書いてある落書きするお方も見習ったらよいのにね〜!

DSC00661

水呑み場かしら?ちょっと素敵です。

IMG_0035

黄金の小屋根です。屋根は、銅板に金箔が貼ってあります。詳しくはこちらからどうぞ!マクシミリアンは、前妻のことが忘れられなかったそうです。お金の為に結婚したビアンカが可哀想!

DSC00659

短かったインスブルックの滞在も終わりです。これからシルミオーネに向かいます。アルプスに囲まれた街インスブルックは、アルプスに囲まれた落ち着いた素敵な街でした。

IMG_0053

次回は、シルミオーネとコモ湖を紹介致しますね!

 

こんにちは!ドロミテ旅行その2です。今回は、ボルツァーノからサンタ.マッダレーナ村までの紹介です。ボルツァーノは南チロルのドイツのすぐ側にあり以前オーストリアの支配下にあった町で、公用語は、イタリア語とドイツ語になっています。下の写真は、ヴァルター広場です。何となくイタリアよりオーストリアふうの感じでした。

DSC00593

下の写真は、ドゥモ.ディ.ボルツァーノです。屋根のモザイクがウィーンにあるシュテファン教会に似ていました。

DSC00581

次の写真は、ゲーテ通りの市場です。暑い中色とりどりの花がぎっしり並んでいました。ヨーロッパには、花屋さんは、欠かせませんね!花は、心と心を結ぶ宅急便ですから。

 

DSC00589

八百屋さんには、栗やスイカ美味しそうなフルーツが沢山置いてありましたが、時間が無く味わうことは出来ませんでした。残念!

DSC00590

さあ!ケーブルカーに乗ってレノン高原目指してソプラ.ボルツァーノ駅へ出発です。

IMG_9953

レノン鉄道のソプラ.ボルツァーノの駅です。字体が素敵ですね!

IMG_9903

レノン鉄道の電車達です。レトロと新型の電車が並んでいました。私たちは、新型の電車に乗ることになりました。乗車人数が多いと新型電車になるみたいですよ!レノン電車からのドロミテを眺めながら終点駅コラルボで下車しました。残念ですが、車窓からのドロミテの風景は、絶景と反対側の席の為写真を撮ることが出来ませんでしたので、私の胸の内に秘めておきますね!

IMG_9902

終点のコラルボ駅前にあったヤギさん?の銅像です。ゴルフクラブを持っているのかしら?謎!何と無くお爺さんの顔みたいですね。余り時間がないので駅の近辺をザアーと見ることにしました。

IMG_9914

 

林檎の木や窓辺の花々が緑にマッチしてとっても可愛い村でした。

IMG_9916

素晴らしい花々のオンパレードです。

IMG_9912

家花好きの私には、たまらない風景でした。………….でもこれまでに花一杯の庭を綺麗に保つには手入れがさぞかし大変でしょうね!頭が下がります。又機会がありましたらのんびりゆっくりこの村を散策したいと思いました。

IMG_9907

下の写真は、今回の旅の目的の一つで是非訪れて見たかったサンタ.マッダレーナ村です。胸がワクワク天気で良かったぁ!

IMG_9957

村は観光客が来るわりには、全く観光化されていません。ホテルが何軒かある位です。絶景を見る為に緑の草原の中、くねくねと曲がる坂道を忍耐強く登って行きます。結構大変でした。断念してホテルで待って居た方もいらっしゃいました。これからドロミテを訪問する予定の方は、足腰を鍛えておいて下さいね!

DSC00603 (1)

途中には、木で作った素朴な水呑み場がありました。その脇には、そっと植えられたローズが草原の緑の中で鮮やかな色彩を発し、登って行く人たちに挨拶と頑張れコールをしているように思われました。村の人達の暖かさが伝わります。

DSC00617

何と言う名前の花でしょうか?可愛いピンクの色を自慢しているようです。私もこのピンクの色彩が大好きです。自然の色って素晴らしいですね。

DSC00616

草原には、派手ではありませんが、沢山の花達がそれぞれの個性をさりげなく、でも思いっきり表現して競い合いまるで絵の一部のように咲き誇っていました。

DSC00605

途中の民家の前で鶏が放し飼いにされてました。コココココケーッのんびりとゆったりと下界の騒々しさとは、無縁のせいでしょうか人が寄って来ても全然関心がありません。

DSC00613

唯一つある村の教会の中です。質素な村にしては、小さくとも豪華な作りでした。さぞかし心の拠り所としているのでしょうね。

DSC00607

見えて来ました。ガイスラー山脈!

IMG_9963

何と夢のような絶景!只々見とれてしまうだけです。ドロミテの最奧フネスの谷にあるサンタ.マッダレナ村本当に来て見て良かったと思うばかりでした。

IMG_9969

絶景のポイント場所から撮った写真です。教会とガイスラー山脈、周りの山々が一つの絵になって素晴らしかったです。ホテルで待って居た方々に聞きました。コーヒーを頼みましたが、ホテルの主人が村の叔父ちゃん達とゲームをしていて(ちょっとまっててね!)と言われ客優先では無く楽しみが優先みたいと言っていました。そんな素朴なサンタ.マッダレーナ村なのです。勿論、出てきたコーヒーは、大変美味しかったそうです。自然の芸術は、圧巻でした。

IMG_9975 (1)

次回は、インスブルックからの旅を紹介致しますね!

ずーと行きたかった北イタリアのドロミテに行って来ました。今回は、ミラノからエントレヴィスに行ってロープウェイに乗りエルブロンネ展望台からモンブランを見るところからのスタートです。展望台行きの駅で出迎えてくれたのは、沢山のエーデルワイスです。素敵ですね!

DSC00486

下の写真は、360度回転しながら走るロープウェイです。これに乗って展望台へ出発です。壮大な山々が眼下に広がって圧巻です。

DSC00488

エルブロンネ展望台からの景色は雲で覆われて全くモンブランは見えませんでした。モンブランは、いつも機嫌が悪くマッターホルンは機嫌が良い山だそうです。

DSC00502

見えませんでしたので、地図を撮ってきましたよ。こんな感じに見えるそうです。皆様が行った時は、機嫌が良いといいですね!

IMG_9796

展望台から下に降りる途中にある植物園に寄りました。

DSC00515

色々な高山植物の花々が咲き乱れていました。

DSC00512

苔らしきものもあって緑と花の色がとっても綺麗でした。

DSC00507

さあ!次は機嫌の良い山マッターホルン「イタリア語でチェルヴィーノ」のイタリア側からを見に行きます。その前に逆さチェルヴィーノを見にブルー湖へ寄りました。かすかに見えますかしら?水の色がブルーだからブルー湖分かりやすいですね!

IMG_9811

下の写真は、ヴレウイル.チェルヴィニアの街です。マッターホルンは、裏側から見るとこんなにゴツゴツした山なのですね!スイス側から見るのとは大分違うイメージでした。

DSC00524 (1)

次に訪れたのは、アオスタです。ヨーロッパの最大高山草原、グラン,パラディーゾを眺めながら、コーニュ村を散策しました。美味しいワインがとれる所です。

DSC00538 (1)

どこまでも続く草原です。アルプスの氷河が顔を出していてとっても気持ちが良かったです。

IMG_9827

窓辺には又々エーデルワイスのお出迎えです。

IMG_9828

コーニュ村は、ドイツに近いので、アルザスやスイスの山間部の街並みに似ていますね!窓辺にお花が綺麗に飾ってあります。

DSC00535

下の写真は、移動中にバスの中から撮ったものです。道中の小さな村々には、必ずお城や教会があって中世の物語の一場面を見ているように思われました。

DSC00541 (1)

今回は、アオスタまで紹介いたしましたが、次回は、私が、今回の旅行で一番行きたかった所サンタ,マッダレーナ村を紹介致しますね。

この頃

2018.06.27

すかりご無沙汰してしまいました。この頃で気に入った作品は、知人からオーダーされましたお玄関に飾るウエルカムフラワーです。クラシック音楽の声楽の先生ですので、彼女のイメージに合わせてゴージャスなレッドピンクのローズを中心に優しさをイメージして一輪のラナンキュラスを添えてみました。

IMG_9563

この頃、ごく最近高校時代の同級生達とイタリア旅行をしてきました。何十年も前の懐かしき学生時代に蘇り婆さん達の修学旅行です。下の写真は、私のお気に入りの世界一古い薬局と言われているフィレンツェのメディチ家御用達のサンタ マリアノヴェッラ薬局です。古い瓶や調度品の雰囲気が何とも素敵です

IMG_9485

天井もこの通り!この色合いが大好きです。

IMG_9488

下の写真は、フィレンツェのヴェッキョ橋です。オペラ ジャンニ スキッキの中でで主人公の娘が、歌うアリア[オーミオ バビーノ}のなかでこの橋の名前が出てきます、とても綺麗なメロディーなので、橋を見る度に口荒んでしまいます。歌の内容は、私の愛しいお父様!この人と結婚させて下さい。お許しがなかったら、ヴェッキョ橋から飛び込みます。と言う脅迫めいたお願いです。最後はめれたし、めれたしで終わると言う喜歌劇オペラブッファです。今は、貴金属のお店がびっしり立て込んでいて飛び込むことは、無理かと思います。最近小沢征爾が演出していました。

IMG_9470

 

 

 

下の写真は、ベニスのゴンドラから撮ったものです。水路辺りのブティクのショーウインドウに飾られていたドレスのブルーがとっても印象的だったので思わずパチリでした。

IMG_9512

下の写真は、水上バスから見えたベニスの夕焼けです。夕焼けって世界中どこからみても綺麗でノスタルジックですね!地球と太陽に有り難う!

IMG_9519

ミラノ郊外の建築です。野原の中に芸術的な形が印象的でした。名のある建築家の作品でしょうか?よく見ると木々と計算された設計かな?

IMG_9372

ミラノのプラダ本店のショーウインドウです。ケーキとツボのオンパレードのディスプレイでした。何ともお洒落な配列ですね!

IMG_9358

下の写真は、ナポリの青の洞窟です。前回に行った時は、悪天候の為入ることが出来ませんでした。今回は入ることが出来てラッキーでした。本当に綺麗な青で写真や映像では表せません。実際の美しさは、実際足を運ばないと感じることが出来ないということでしょうね。

IMG_9409

以上ざーとこの頃見たことや感じたことを書いてみました。

Page up